仏壇・仏具豆知識

  • HOME
  • 仏壇・仏具豆知識
  • 仏壇仏具使用時のご注意
  • 仏具の取り扱い方
  • お客様のお手入れ方法

仏壇仏具使用時のご注意

御仏壇のすえつけ方
(1)御仏壇は、水平を保つように置いてください。
水平に置かないと、扉や引き出しがスムーズに開閉できないことがあります。
内装の置物が倒れて、怪我の原因となることがあります。
(2)日光や冷暖房の風が直接当たらないようにしてください。
御仏壇は木製品です。水分や熱を嫌います。
仏壇自体の歪みの原因になったり、ろうそくの炎などで、火災の原因となることがあります。
(3)御仏壇は、地震などで倒れる場合がありますので建物の床、壁、天井などに固定金物で固定してください。
使用上の注意事項

引き出しをいっぱいに引き出すと、抜け落ちて怪我をすることがあります。

  • 1. 引き出しや引き手の上に乗ったり、無理な力で引っ張らないでください。
  • 2. ろうそく立て・花瓶などは、仏壇の大きさにあったものを使用してください。火災の原因となったり、倒れて怪我の原因となったりすることがあります。
  • 3. ろうそく立て・お線香立ては、内壁・上部飾り物等から十分に離れた位置に置いてください。火災の原因となります。
  • 4. 使用している木材は、防虫処理を施してありますが、万が一虫害を発見した場合は、直ちに連絡してください。放置しておくと虫害が拡大します。
  • 5. 電気廻りの配線を変更する場合は、当社にご連絡してください。
  • 6. 御仏壇には、漆を使用しています。アレルギー体質の方は、かぶれる場合がありますので注意してください(唐木仏壇は、漆を使用していません)。
扉の開閉について
  • ●扉の開閉は雨戸、障子の下部に手を添えてゆっくりと行ってください。金箔の部分に触れますと変色します。絶対に雨戸を手づかみにしたり、障子の小骨をつまんだりしないでください。
  • ●三方開きの場合には、扉の重量で下がり気味になりますので、開閉は少し持ち上げるようにして行ってください。普段は、前開きにされた方が長持ちいたします。

このような場合には、すぐ当社にご連絡ください カンヌキが閉まらない / 扉が重い / 扉が自然に開いてしまう

水がこぼれたとき

仏壇に水は大敵です。
水がこぼれたのを放っておきますと、しみになります。
水がこぼれたときは、ただちにティッシュ(チリ紙)を置いて、水を吸い取るようにしてください。
絶対に拭きとったり、こすったりしないでください。拭きとったり、こすったりしますと金箔や金粉がはがれます。
根気よくティッシュ(チリ紙)を取り替えて、水分が無くなるまで吸い取ってください。

仏具の取り扱い方

仏具には工芸的、伝統的な意匠として、部分的に複雑で鋭利な形状をしたものがあります。不用意にさわったり、無理な力を加えたりすると、怪我をしたり製品が壊れたりする場合があります。お取り扱いには、十分注意してください。

  • ●仏具等は、伝統的に仏教の用具として製作されていますので、用途以外に使用しないでください。
  • ●ご使用になる前に、ぐらつきやヒビ割れなど不都合がないことを確認してください。
  • ●ろうそくは、火立ての芯に合ったサイズのものを使用してください。
    サイズが合わないとろうそくが倒れて火災の原因になります。
  • ●花立や徳利、花瓶をご使用になる前に予め水をいれて、水漏れがないことを確認してください。
  • ●火立てや香炉、線香など、火を用いる器具の近くに燃えやすい物を置かないでください。 引火して火災の原因になります。
  • ●席を離れるときは、ろうそくの火を消し、焼香具の安全を確認してください。
  • ●子供にろうそくや線香を取り扱わせるときは、大人が必ず同席してください。
  • ●火立ての芯や鋭角な仕上模様、また突起物のある製品は、不用意にさわったり、ぶつかったりすると怪我をする恐れがあります。お取り扱いには、十分気をつけてください。
  • ●線香差し、マッチ消壷、ろうそく入れには、水などを入れないでください。
  • ●マッチ消壷に、ろうそくなどを入れないでください。燃え上がって火傷をしたり、ほかに引火して火災の原因になります。
  • ●仏飯器・茶湯器は、使用前後に水洗いをして乾かすなど、常に清潔にしてください。

お客様のお手入れ方法

  • 1. 御仏壇は、何よりも大切に扱って長持ちするように日頃から十分心がけてください。
  • 2. 表面に金箔や漆塗りの箇所が多いので、特にお手入れについて注意してください。
  • 3. お掃除は、まず御仏壇のごみやほこりは良質の毛ばたき(毛才)で軽く払い、その後、塗りまたは唐木の箇所を、柔らかい布で拭いておきます。
  • 4. 艶ぶきは、汚れ落とし液と艶出し液をしみこませた布で拭き、その後、別の乾いた柔らかな布で拭きとりますと、美しい艶が出て、わずかな傷などは目立たなくなります。
お掃除のときの注意
  • 1. 金箔の部分は、絶対に拭かないでください。毛ばたき(毛才)などで軽くほこりをはらうだけで、美しさは保たれます。毛ばたき(毛才)を使うとき、棒の芯があたらないよう注意してください。彫刻の部分は、筆の先などでほこりを除きます。
  • 2. 漆塗りのところは、傷がつきやすいので、花瓶やお仏飯の上げ下げには特に注意してください。
  • 3. 金箔押し、金メッキ、その他金属製の仏具は塩分を嫌いますので、汗ばんだ手で触らないように布をあてる、手袋をはめるなどして持ってください。また、綺麗なブラシや布で彫りの奥まで油気を十分取り去っておくことが大切です。
  • 4. 宣徳製の仏具には、金属磨きを使わないでください。
大掃除のとき(年2回程度)
  • 1. 仏具を全部外へ出してください。
  • 2. 毛ばたき(毛才)で仏壇のほこりをはらいます。
  • 3. 金箔部分についたほこりは毛ばたき(毛才)ではらうか、細かいところは柔らかい筆でそっとほこりをはらってください。無理をすると金箔がはげてしまいます。金箔部分は手を触れたり、汚さないよう気をつけてください。
  • 4. 漆塗りの部分には、艶出しをつけて、やわらかい布でから拭きをしてください。このとき、金箔部分を誤ってこすりやすいので、金箔部分との境は、特に注意してください。また、あまり大きな布を使用しますと金箔部分もいっしょにこすったり、ひっかけたりしますので、十分気をつけてください。

経済産業大臣指定伝統的工芸品仏壇製造元 産地彦根 株式会社伊藤仏壇 合掌の心は幸せの扉 フリーダイヤル 0120-60-1056

株式会社伊藤仏壇の創業は明治45年。創業から100年以上の業歴を持つ、御仏壇や仏具などの製造・販売を行っている会社です。全国有数の仏壇産地のひとつである滋賀・彦根にて、数々の高品質な御仏壇・仏具を取り扱っております。また、大切な御仏壇の修理・洗濯も行っており、多数のお客様のご満足を得てまいりました。今後も、伊藤仏壇は、昔ながらの伝統を守り続けながらモダンな要素を取り入れ、地域産業としての仏壇製造を新しい時代へ展開してまいります。

ページ上部へ戻る